メニューを差別化する材料に注目集まる @ カフェレスジャパン

  • 2019/7/25
展示会名:第8回 カフェレスジャパン(CAFERES JAPAN)
会期:2019年7月3日(水)~5日(金)
会場:パシフィコ横浜 B~D
主催:TSO International
出展社数:450社
同時開催:ウェルネスフードジャパン、他

▲誰でも簡単に扱える調理器具で出展したエレクトロラックス・ジャパン(東京都港区)

 カフェ・レストラン業界の展示会「カフェレスジャパン(CAFERES JAPAN)」の来場者の関心は、差別化につながる商材を探すことだった。人材不足を受け、手間をかけず取り入れられる斬新なメニューや、業務の効率化に注目が集まった。

 フードプリントに特化した菓子メーカーのビーテック(千葉県長生郡)では、食用色素で絵柄が印刷された、ゼラチンが主成分のトッピングシートを紹介し、カフェや食品商社からの関心を集めた。
「台紙からはがして載せるだけで、特別な指導をしなくても簡単にオリジナルメニューができる。キャラクターコラボカフェの増加により、手間なくオリジナル感が出せるものへのニーズが高まっている」(久芳益夫さん)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る