ポスターやエッチング 従来技術の需要は堅調 @サイン&ディスプレイショウ

  • 2019/10/30
第61回 サイン&ディスプレイショウ
会期:2019年8月29日(木)~31日(土)
会場:東京ビッグサイト 青海A
主催:東京屋外広告美術協同組合
出展者数:130社
出展者層・来場者層:看板関係業者、デザイン業者、施工業者など

看板製作会社や設計関係者が来場

 看板やディスプレイなど屋外広告に関する商材を集めた「サイン&ディスプレイショウ」には、資材や技術を探す看板製作会社や設計関係者が来場した。最新技術のみならず、ガラス管を使ったネオンサイン、金属に加工するエッチングなど、昔からの技術も注目された。

 掲示内容を簡単に取り替えられるパネルを展示したシンエイ(埼玉県朝霞市)には、看板製作会社や内装業の担当者が訪れた。「デジタルサイネージはデータを作るのが大変な上、画質の粗さや明るさの調整が難しい。従来通りのポスター需要は落ちていない」(山﨑壮夫さん)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る