ロボットによる人手不足解消の提案 @関西 サービスロボット開発技術展

 
  • 2019/7/25
展示会名:関西サービスロボット開発技術展、産業用ロボット開発技術展、次世代モビリティ開発技術展
会期:2019年6月6日(木)・7日(金)
会場:インテックス大阪
主催:関西ロボット開発技術展実行委員会
出展者数:81社

 ロボット開発に関わる企業が出展した「サービスロボット開発技術展」では、人とともに働くロボットの展示が目立った。人手不足への対応として、ロボットを提案する企業が増えている。

グローリー(兵庫県姫路市)
THK(東京都港区)

 券売機、通貨処理機などを製造するグローリー(兵庫県姫路市)は自社の製造ラインで活躍する双腕型のロボットを展示した。製造業系の来場者から工場を自動化するのに必要な予算など、具体的な相談を受けた。
「ロボットを導入するメリットは、人手不足やスペース不足への対応だけでなく、単純作業に従事する従業員のストレスを軽減することもできる」(樽尚道さん)

 人の代わりに受け付け業務に対応する「このは」を展示したTHK(東京都港区)には、官公庁やイベント企画の担当者が集まった。「受付に導入したい」という人もいた。
「インターネットにつないだロボットを遠隔操作できれば、出社できない子育て中の人などの新たな雇用にもつながる」(小林久朗さん)

 三菱地所(東京都千代田区)は清掃、警備、運搬など、ビル管理の現場で実用を目指して開発するロボットを展示した。人手不足解消のためベンチャー企業と共同で開発した。ブースには建物オーナーらを中心に1日あたり約300人が訪れた。

森村商事(東京都港区)
三菱地所(東京都千代田区)

 工業製品の原材料を販売する森村商事(東京都港区)は、ロボットの軽量化につながる素材を提案した。現在、ロボットアーム用の素材はアルミニウムが主流だが、マグネシウムは軽く強度もあるという
「『ロボットを軽くしたい』という声は多く、需要を実感した」(岡田有未さん)


おすすめの記事
食品業界の来場目立ったロボット専門の展示会 @ Japan Robot Week

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  2. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  3. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  4. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  5. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る