人手不足を機械で補う[口コミ] @FOOMA JAPAN 国際食品工業展①

  • 2019/10/5
展示会名:第42回 FOOMA JAPAN 2019 国際食品工業展
会期:2019年7月9日(火)~12日(金)
会場:東京ビッグサイト 西・南展示棟
主催:日本食品機械工業会
出展者数:688社
出展者層:食品製造・加工、包装、原料処理、エンジニアリング・ロボット、衛生対策・管理
来場者層:食品製造・加工、商社、食品関連機械・装置メーカー

 食品用製造機械の展示会「FOOMA JAPAN(国際食品工業展)」には、従業員確保のために労務環境に優れた新工場をつくりたいという食品メーカーや、長年手づくりしてきた作業の一部を機械に代替しようと考える中小の和洋菓子メーカーなど、人手不足の対応策を求める人の姿が目立った。数年前に比べて、来場者数が大きく増えたと話す出展企業が多く、経営課題を機械に求める食品業界の現状を反映していた。


パッケージ業界にも省人化の流れ

シール栄登(大阪市)

 既存顧客である食品工場を中心とした来場者が訪れた。袋を自動的に熱溶着し、同時に賞味期限や消費期限の印字も行うことができる機械を展示した。

 近年では印字品質も大事な要素で、衛生面への配慮も求められるようになった。海外へは、日系企業向けの出荷は行っているが、現地企業への販売は、代理店を探すところからになりそうだ。


異物混入防止、AIで

冨士製作所(群馬県藤岡市)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る