医薬品の保管施設 事故きっかけに新設相次ぎ勝機拡大[口コミ] @インターフェックス Week 後編

  • 2019/10/6

出展者の口コミ、前編はコチラ


中国人バイヤーがターゲット

大阪製薬(大阪府東大阪市)

 製薬の受託メーカー。外国人来場者が増えた。中国との取引が始まれば、出荷数の急激な増加が見込めるため、いかに中国人バイヤーにアピールできるかがカギ。同業他社もこぞって中国人向けにPRを行っているようだ。中国人の需要としては、実際に売れているものに関心が高い。安全性に関する質問はほとんどなかった。

 近年、国内の医薬品・化粧品メーカーは、費用対効果の向上を理由に、得意分野だけ開発チームを持ち、その他は外部に委託する企業が増加している。その外注先として話を聞く機会が増えた。

 化粧品分野では、顧客需要の多様化により、医薬品並みの品質管理が求められるようになった。日本の品質管理水準は非常に高いが、欧米諸国と比べると環境への配慮が不十分だ。業界全体として、欧米の標準に合わせる流れを感じる。


1日200~300人が来場

シバタエンジニアリング(横浜市)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る