人のふり見て我がふりを顧みる【365文字の編集長コラム】

 
  • 2019/10/20

 みこしの担ぎ手たちの怒鳴り合いが、胸ぐらをつかむ喧嘩に発展した現場に居合わせたのは、長く続いた今年の梅雨が始まったころだ。野次馬を含む100人前後の集団が左右に振られるたび、外側にいる数人が引きずり倒された。近くに待機していた警官が、特に頭に血が上った数人を取り押さえて、その場を収めるまでに10分ほどかかった▲酒に酔った者同士のたわむれだ。デッドボールをきっかけに始まるプロ野球チームの乱闘や、強行採決に憤る与野党議員の立ち回りほどの大義もない▲拳を振り上げ戦う集団を目の前で見た記憶を掘り返してみたものの、その程度のことしか思い浮かばなかった。それでも「同じ土俵に乗らないように」「大きな声を出した方が負け」と怒りをコントロール下に置く技術に、さらに磨きをかけようとしている。各地で憤る市民とは、ずいぶん違った空気の中で生きている。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
恐怖と怒りと錯覚【365文字の編集長コラム】

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る