自動車関連技術を求める中国人が増加 @ INTERMOLD

  • 2019/6/10

金型、プラスチック形成技術の展示会

INTERMOLD2019(第30回金型加工技術展)/金型展2019
会期:4月17日(水)〜20日(土)
会場:東京ビッグサイト 青海棟
主催:(一社)日本金型工業会
運営:インターモールド振興会(テレビ大阪エクスプロ内)
出展者数:462社
同時開催展:金属プレス加工技術展

 金型設計や金属プレス、プラスチック形成技術など金型関連の製品・サービスが集う展示会「INTERMOLD(インターモールド)」で、海外からの来場者が増えている。

▲海外企業複数と成約した榮製機(愛知県豊川市)

 自動車エンジンの部品用の金型を製作している榮製機(愛知県豊川市)の北谷智之さんは「出展者・来場者ともにアジア圏が増えた。特に中国の資金が流れ込んでいることを実感するようになった」と話した。展示会を通じて成約した海外企業も複数あったという。「日本製品は高いので、ひと昔前までの中国人来場者は冷やかしも多かった。最近は直接売ってほしいという人も少なくない」(北谷さん)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る