海外からの来場者1.5倍に @モバックショウ

 
  • 2019/3/10
展示会名:2019 モバックショウ(MOBACSHOW)
会期:2019年2月20日(水)~23日(土)
会場:幕張メッセ
主催:協同組合 日本製パン製菓機械工業会
出展者数:254社
来場者数:3万6142人(海外4107人)

製パン・製菓産業の展示会

 製パン・製菓産業の展示会「モバックショウ」に、海外から4107人の来場者が集まり前回の1.5倍に増えた。各国の業界団体として参加した来場者が増えているようだ。中国、台湾、韓国などアジア圏の来場者が特に多かった。

▲バニラビーンズの価格が高騰しており、ミコヤ香商にも関連商材を探しに関係者が集まった

 製菓機械の開発を行うマサミ産業(埼玉県川口市)のブースに参加した渡辺信吾さんは、海外の大手製パン・製菓メーカーの工場長や現場社員が10人ほどの団体で歩く姿を何度も見た。これまでに5回以上出展しているが、海外来場者の姿をこれほど見た経験は過去にないという。

 中国では製パン・製菓機器の需要が高まっている。今回、海外来場者の4分の1を占めたのも中国人だ。主催の日本製パン製菓機械工業会(東京都中央区)の有賀義訓氏によると「中国でよく食べられている「月餅」を作るのに必要な、包餡機を探す人が多い」という。

 昨年、中国で開催された「ベーカリーチャイナ」に出展した製パン・製菓用品の遠藤孝商店(新潟県燕市)の野村堅司部長は、世界各国のメーカーによる出展が5年前に比べ数倍に増えたことを実感したという。

▲協同組合 日本製パン製菓機械工業会(東京都中央区)
有賀 義訓さん

 食材や香料の市場でも中国の存在感は高まっている。バニラビーンズの価格が数年前の10倍程度に跳ね上がったのも、中国での消費量が増えたことが影響しているという。食品香料を製造するミコヤ香商(東京都渋谷区)のブースにも、多くの海外来場者が訪れた。だが、大半は試供品を確かめる程度だった。上田康司さんは「我が社でもバニラ香料の需要は増えているが、今回はサンプルを持っていくだけの人が多かった」と話した。

 チョコレート製造機械装置の専門メーカー、オサ機械(横浜市)では。名刺交換をした来場者の3~4割が海外来場者だった。だが、海外販売を担う代理店がなく、本格的な海外展開には踏み切れていないという。「チョコレートは気温が高いと溶けてしまうため、東南アジアで弱く、需要が少ない」(村野晃さん) 国内市場では、人口減少から現場の手間を省く冷凍生地の需要が高まるなど、省人化に向けたニーズが高まっている。だが、パンの生産数は今も微増が続いている。「国産小麦の価格も下がっている」(有賀さん)といい、見通しは明るそうだ。


おすすめの記事
アジア各地から団体で来場[口コミ]@モバックショウ 前編

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  2. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  3. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  4. 2020-3-31

    差別化商材探す個人店主 @ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア

    展示会名:ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア 2020 会期:2020年1月22日(水)・2…
  5. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る