ホテル、レストラン、 カラオケ店集まる @ レジャ ー&サービス産業展

 
  • 2018/11/10
展示会名:レジャー&サービス産業展
会期:2018年10月15日(月)・16日(火)
会場:東京ビッグサイト 西1、会議棟6階
主催:綜合ユニコム
同時開催:レジャーホテルフェア
出展者数/出展小間数:136社/274小間

宿泊施設のリニューアル相談増加

 ホテル、レストラン、カラオケ店などの関係者が来場する「レジャー&サービス産業展」で、リニューアルに関する情報を探す来場者の姿が目立った。

▲タケナカの矢澤悠美さんは
「旅館関係者の来場が多かった」と話した

 デジタル機器を使った室内空間演出を展示したタケナカ(東京都江東区)のブースには、全国のホテル、レジャー施設から人がやってきた。今年は旅館の関係者も多く、300枚程度の名刺を獲得した。ホテルのリニューアル、レジャー施設の新規オープン・リニューアルに関する相談が多かった。

 展示したのは、食器の上にプロジェクションマッピングと同じ方法で映像を映すテーブルマッピングという演出だ。食器を赤外線センサーで追いかけるように設定し、食器を動かすと映像も一緒に動く仕掛けをつくった。

 カプセルホテル向けのカプセルベッドを展示したコトブキシーティング(東京都千代田区)にも、ホテルや不動産関係者が訪れた。商品リリースから40年が経過し、入れ替え需要が高まっているため、現地で簡単に組み立てられるカプセルベッドを展示した。

▲コトブキシーティングが展示したカプセルホテルのベッド

 従来のFRP樹脂製のカプセルは大型のものが大半で、エレベーターに乗せることができず、クレーンで釣り上げなければらない。施工が簡単な現地組み立て式に関心を示す来場者が多かった。

 災害が続いた今年、ホテルやレジャー施設などからの問い合わせが増えたと話したのが、ビジネス用のチャットツールを提供するChatWork(東京都港区)だ。今回が初出展だったが、「脱メール、脱電話」をアピールしたところ、ホテルやゴルフ場などが従業員向けの連絡手段として関心を示した来場者が訪れた。


おすすめの記事
ホテル経営学びに一万人が来場 「レジャー&サービス産業展」開催

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

Gotou国際イベントニュース 編集部 後藤 豊
2017年全国賃貸住宅新聞社入社。「国際イベントニュース」企画開発部所属。インバウンド集客に必要な商材、海外に進出する企業向けサービスを中心に情報収集。趣味は読書。自宅に溜め込んだ蔵書は4500冊を越え、かねてから妻との懸案材料となっている。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る