働き方改革の影響 交通・インフラ分野でも[口コミ]@交通インフラWEEK  前編

 
  • 2019/7/10
展示会名:交通インフラWEEK
会期:2019年4月17日(水)~19日(金)
会場:幕張メッセ
主催:(一社)日本能率協会
出展者数:43社
来場者数:4093人
併催:テクノフロンティア、インダストリーフロンティア、国際ドローン展

 公共交通や運送の安全性や効率性の向上、社会インフラとしての駐輪・駐車場のサービス向上に寄与するサービスを集めた展示会「交通インフラWEEK」は「駅と空港の設備機器展」をはじめとした3展構成で、テクノフロンティアなどと同時開催された。

 会場にはITやAI(人工知能)を使った技術で事故防止につなげる商材が並び、働き方改革の影響か、交通・インフラ分野でも省人化や効率化に役立つ製品や技術に大きな反響があった。


ゴミ回収の手間 省きたい需要あり

山崎産業(大阪市)

 清掃機器などを製造・販売する。3回目の出展になる。ユーザーから直接意見を聞けるのが良い。

 ブース来場者は駅、空港施設、オフィス、商業施設と幅広いが、悩みは共通で「ゴミ箱にたまったゴミ回収の手間を減らしたい。浮いたコストを他に回したい」といったものだ。今回、ゴミ箱の容量を計測できるIoT技術を展示し、作業効率化・人件費削減の提案を行った。1日で約100人来場した。


標識の情報管理システムに関心集まる

富士フイルムイメージングシステムズ(東京都品川区)

 映像・写真関連のイメージング製品や画像・情報サービスを扱う。この展示会は集客力が高いので、3回目の出展だ。3日間のブース来場者数は500人ほど。

 駅構内に設置された標識を点検するiPhoneアプリに注目が集まった。設置時期、標識の劣化状況、修繕の必要性といった情報を入力し、データベースで管理するものだ。駅員と施工担当者の間で情報共有ができておらず、時間の浪費が懸念されている。


生体モニター幅広い業界から注目

瑞穂(東京都文京区)

 事故の防止策として、生体信号モニターの導入を提案した。体調不良の前兆をセンサーで感じ取り、事故を未然に防ぐことがこのシステムの目的だ。

 医療関係者からも注目をあび、「患者の急な体調変化に対応したい」という相談を受けた。その背景にあるのは人手不足だ。人手が足りないからこそ、機械で対応したいと考える人が増えている。

 生体信号モニターは汎用性が高く、駅・空港・病院・自動車・セキュリティなど幅広い業種の人がブースに来場した。来場者数は3日間でおよそ600人。


3日で400人の集客に成功

東京電気技術工業(東京都目黒区)

 離れたところからコインパーキングのデータ管理・遠隔操作が可能な精算機の展示を行い、大きな注目を得た。3日間でおよそ400人の集客に成功。

 コインパーキングは増加傾向にあるが、その分トラブルの発生率も高くなる。ブースに訪れたコインパーキング関係者からは「機械が複雑なため、集金管理、トラブルの発生が起きたら、現場に行かなくてはいけないことが非常に手間だ」といった声が多く上がった。


出展者の口コミ、続きはコチラ

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る