新展示会に大手メーカーも出展[口コミ]@建設・測量生産性向上展

 
  • 2019/7/27
展示会名:第2回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)
会期:2019年5月22日(水)~24日(金)
会場:幕張メッセ 国際展示場9~11
主催:建設・測量生産性向上展実行委員会
出展者数:219社
来場者数:3万8919人

 「建設・測量生産性向上展」は2018年に始まった土木や建設、測量業界の製品・技術・設備・機器が一堂に会する展示会だ。建設・測量現場の工期短縮と人材不足解消、労働環境改善を通じて生産性を向上させることをコンセプトとしている。小松製作所や日立建機、キャタピラージャパン、住友建機など大手建機メーカーが大型ブースで出展する。5月には2回目が開催され、昨年を8000人以上上回る3万8919人が来場した。ICTで生産性の向上や労働環境の改善を実現する「i-Construction」に関する製品・サービスを出展する企業が目立った。


不満は小間位置の発表が遅いこと

宇部工業(山口県宇部市)

 建設機械の販売、施工をPRした。来場者は土木関係者やコンサルタントが多く、経営層が6割、現場担当者が4割程度と感じた。「NEW環境展」では汚染処理や産業廃棄物関係が目立ち、我が社のブースには足を運んでもらえなかった。

 今回出展して感じたのは、民間企業からプールの浮遊物や沈殿物の除去の需要が高まっているということ。公共工事では水草の除去の依頼も多い。水回りの処理や衛生面にデリケートになっている傾向にあるようだ。水草の除去に関しては、池や湖に外来水生植物が生えていることが増えており、その除去を依頼されることが多い。実際、琵琶湖や大宮公園でそうした除去作業を行ったこともある。

 来場者が昨年よりも多いように感じた。前回は初開催だったので様子見していた企業がこぞって出展したのだろう。ただ、主催者の段取りは悪い。出展を申し込んだ後、ブース位置が決まったら連絡すると聞いていたが、4月になっても連絡がなく問い合わせたら「調整中」と言われ、結局、決まったのがGW頃で会期の数週間前だ。まだ2回目ということで調整が難しいのだろうか。


現場で働く人は少ない

エンルート(埼玉県朝霞市)

 産業用ドローンを販売しているが、同展は建設と測量に特化した展示会なので、測量用のドローンのみを出品した。来場者は土木と測量関連業者だが、コンサルタントも多く、現場で働く人はそれほど多くなかった。

 航空測量の分野ではドローンの活用も進んでいるが、地上の測量の代わりとなるかは、まだ未知数。来場者からは写真測量をしようとして実機を見に来ているという人が多かった。他にもレーザー測量という、木の上からでも地表のデータを取れる機能もあるのだが、機体が1000万円ほどなので、手が出せないという人が多い。


測量機器メーカーが多い

ヤンマー建機(福岡県筑後市)

 測量関係の機器メーカーや車両レンタル業者が多かったように感じる。建設機械のトレンドは、ICTによる制御だ。センサーで安全性を確保したり、アシスト技術でオペレーターの負担を軽減するなど、技術の進化が目覚ましい。GPSを搭載して盗難防止に役立てたり、作業日報が自動作成されるシステムもある。


人材不足に悩む企業多数

UTコンストラクション(東京都品川区)

 建設業界に特化した人材派遣を行っている。昨年はいち来場者だったが、今年はいい機会と思って出展した。この業界は慢性的な人材不足なので、多くの来場者に関心を持ってもらった。

 働き方改革も含め、人材の悩みを抱える企業は増え続けている。とにかくいい人材を採用したいというのが共通の悩み。我が社では、一定期間派遣した場合、派遣先に就職できるという仕組みを取っている。登録している派遣スタッフからも、就職活動では出会えない会社に就職できると人気だ。


情報収集に役立つ土木関係者多い

萩原エレクトロニクス(名古屋市)

 デバイス事業を展開している。こちらの狙いは建機の特殊車両メーカーだったが、土木関連の企業の来場が多かった。

 特殊車両では人を検知するセンサーが必要とされている。走行中の巻き込み防止に役立つ。大型の特殊車両は死角が多いので、こうしたセンサーは重宝される。出展してみて、意外と我が社のサービスが安価だとわかった。同業他社の動きを見られるのはありがたい。


「快適トイレ」の需要に今後も期待
工事現場用トイレが手応えあり

日野興業(千葉県市川市)

 屋外トイレや仮設トイレのメーカー。ブースには建機レンタルやゼネコンなどが多かったが、客層が当てはまっているようで非常に手応えが良かった。名刺は1日200枚程度。来年もまた出たいと思う。

 3年ほど前から土木工事の現場で使用するトイレの品質を上げようという動きが出ている。国交省の定めた基準にのっとった、いわゆる「快適トイレ」だ。今まではほとんどが和式だったが洋式に変わり、ある程度の広さを備えているタイプも増えてきた。品質の高いトイレは地元企業になると持っていないことも多く、我が社はレンタルと販売の両方に対応している。最近では構造がユニットハウスになっていたり、空調が付いていたりと、より家のトイレに近づいていると感じる。今回の出展で「災害現場で使用したい」とか「イベントのVIP用トイレとして使いたい」という声もあったので、まだまだいろいろなニーズが眠っていると思う。

出展者が挙げた競合展示会

農業Week
2019/10/9(水)~11(金)@幕張メッセ
主催:リード エグジビションジャパン

CEATEC
2019/10/15(火)~18(金)@幕張メッセ
主催:CEATEC実施協議会

トイレ産業展
2019/11/13(水)~15(金)@東京ビッグサイト 西展示棟
主催:(一社)日本能率協会

国際カーエレクトロニクス技術展
2020/1/15(水)~17(金)@東京ビッグサイト
主催:リード エグジビションジャパン

建築建材展
2020/3/3(火)~6(金)@東京ビッグサイト
主催:日本経済新聞社

国際ドローン展
2020/4/8(水)~10(金)@幕張メッセ
主催:(一社)日本能率協会

IoT/M2M展(JapanIT Week内)
2020/4/8(水)~10(金)@東京ビッグサイト
主催:リード エグジビションジャパン

NEW環境展
2020/4/22(水)~24(金)@インテックス大阪
主催:日報ビジネス

おすすめの記事
現場作業のIT化 あと一歩 @ 建設・測量生産性向上展

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る