インバウンド対応製品注目集める @九州 観光・ホテル・外食産業展 前編

  • 2019/8/25
展示会名:九州 観光・ホテル・外食産業展
会期:2019年6月26日(水)・27日(木)
会場:マリンメッセ福岡
主催:(一社)日本能率協会
出展者数:48社(同時開催展含む193社)
来場者数:1468人(同時開催合算6641人)

 九州でインバウンド需要が盛況なため、その対応を強く打ち出した展示会となった。合同開催展が3つあったため、ホテルや飲食店の人を中心に幅広い業態・業種の人が来場。翻訳機や日本の文化・伝統を取り入れた製品、決済システムが注目された。外国人に好まれそうな商品を探している人や、今年福岡で開催されるラグビーワールドカップを意識している人が多かった。来場者の多くからは人手不足が課題とする声が聞かれ、それに対応できる無人の機械を求める人も多かった。


畳のリースに関心集まる

菊屋(岡山市)

 ホテル、旅館、飲食店に畳をリースしている。来場したのは九州のホテルや旅館の経営陣、設計会社、飲食業など。ホテルは、畳をきれいな状態に保ちたいため、リースに対する反応がいい。一度に数百万円払うより資金繰りがしやすいことも好感された。

 来場者は1日で20~30件程度で、そのうち取引につながりそうなところは数件。24時間営業の飲食店は畳を替える時間を長く確保できないため、数時間で作業が終わる点は好評だった。


ビジネスホテルのオーナー来場

アルメックス(東京都品川区)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る