環境汚染物質の規制強化で代替原料をPRする企業増加[口コミ] @ 化粧品産業技術展 前編

 
  • 2019/7/10
開催概要
会期:2019年5月15日(水)〜17日(金)
会場:パシフィコ横浜
主催:日本化粧品原料協会連合会
出展者数:313社
来場者数:4万1586人

 最新の化粧品や美容技術が集まる展示会。隔年開催。今年は環境汚染物質への規制強化を受けて、代替原料のPRや輸出に伴うグローバル対応を行うブースが多かった。

 一昨年の開催レポートによれば、事前登録来場者のうち約45%が化粧品メーカーの関係者。近年は海外からの来場者も増加しているといい、最も多いのは中国人(海外来場者全体の39・3%)だという。


  
       

この先、会員限定記事です
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る