環境汚染物質の規制強化で代替原料をPRする企業増加[口コミ] @ 化粧品産業技術展 前編

開催概要
会期  :2019年5月15日(水)〜17日(金)
会場:パシフィコ横浜
主催:日本化粧品原料協会連合会
出展者数:313社
来場者数:4万1586人

 最新の化粧品や美容技術が集まる展示会。隔年開催。今年は環境汚染物質への規制強化を受けて、代替原料のPRや輸出に伴うグローバル対応を行うブースが多かった。

 一昨年の開催レポートによれば、事前登録来場者のうち約45%が化粧品メーカーの関係者。近年は海外からの来場者も増加しているといい、最も多いのは中国人(海外来場者全体の39・3%)だという。


新着記事

  1. 2021-7-26

    自社で集客できない来場者との出会い求め 継続出展する企業が増加 @BOXIL EXPO【主催者に聞く】

  2. 2021-7-25

    7月12日からバンコクなどでロックダウン @タイ・バンコク【7月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-7-24

    感染者が1万人を超え、ロックダウン解除が延期へ @マレーシア・クアラルンプール【7月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 後編

  5. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 中編

  6. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 前編

ページ上部へ戻る