出展者の半数が海外 国内企業は撤退傾向[口コミ]@ 国際 文具・紙製品展 ISOT 前編

  • 2019/10/20
展示会名:国際文具・紙製品展 ISOT
会期:2019年6月26日(水)~28日(金)
会場:東京ビッグサイト 西展示棟
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:340社
来場者数:4万9048人(同時開催展含む)
同時開催展:ライフスタイル総合EXPO

 「国際文具・紙製品展 ISOT」は文具業界の総合展だ。文具店や雑貨店、書店、百貨店などの他、卸業者などが多数来場し、新製品の仕入れやOEMの商談などが行われている。近年は海外からの出展・来場が増加しており、出展者の約半数が海外企業となっている。今年6月に開催された際には、台湾が約20小間、中国が約40小間と、10小間のブースのパビリオンを築いていた。一方、国内の文具メーカーの参加意欲は減少傾向だとの声もある。


大手不参加で縮小感も

カール事務器(東京都葛飾区)

 文具や事務機器の開発・製造に携わる。文具の展示会としてはここだけに絞っている。2年前までは「ギフト・ショー」にも出展していたが、あちらは来場者層が広すぎる。ただ、こちらも大手メーカーが出展しなくなり、規模が縮小しているように感じる。大手は自社でプライベートショーを開くことが増えている。海外からの参加も増えている。多くの人が日本製かを聞いてくるので、海外はやはりメイドインジャパンを求めているのだと感じた。


盗難に注意が必要

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る