差別化サービスや材料に注目集まる[口コミ]@ CAFERES JAPAN 前編

  • 2019/10/20
展示会名:CAFERES JAPAN
会期:2019年7月3日(水)~5日(金)
会場:パシフィコ横浜 展示ホール B~D
主催:TSO International
出展者数:450社

 カフェ・レストラン業界の展示会。来場者の関心は、差別化につながる商材に向かった。人材不足を解決する糸口となり得る、業務の効率化を図るシステム、少ない手間でできる食材、簡単な業務研修で取り入れることのできるメニューなどに関心が集まった。また、世界的な脱プラスチックの流れを受け、環境配慮商品の展示も見られ、プラスチック製品に対する規制強化対策への関心の高まりが感じられた。


ドライフルーツが人気

ワタスイ(福島県須賀川市)

 食品製造卸業。震災をきっかけに、これまでの技術を生かし、海産物からフルーツの乾燥に転身。大手紅茶メーカーが紅茶にドライフルーツを入れる飲み方を提案した影響で、予想を上回る売り上げを見せた。

 売り上げの好調で新規顧客への対応が難しいため、既存の顧客を優先する考え。出展は3回目で、1日の来場者数は100人ほどでカフェ、卸業者の関心を集めた。料理の原料にしたいという来場者もいた。


注目集めた食品にプリントする技術

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る