【2017年に期す】 ビジネスガイド社 ギフト・ショー10日間に拡大

 
  • 2017/1/17
ビジネスガイド社 (東京都台東区)芳賀 信享社長

―注力する展示会は?

 2009年9月に開催した「第50回 東京ギフト・ショー」で、初めて西展示棟を使用してから現在にいたるまで、東京ビッグサイト全館、常に出展社が予定小間数に達しておりました。2017年2月、「東京ギフト・ショー」は、『日本最大から世界最大へ!』をスローガンに、同時開催の見本市と合わせて開催期間トータル10日間、総展示面積は従来の1.5倍となる12万㎡に拡大します。この期間をGift Show Weekとして展開します。

 インテリア雑貨関連出展の伸びが顕著です。「ホームファニシング&デコラティブフェア」が前年比127%に拡大(550小間→700小間)しています。

―2016年着目したニュースは?

 東京オリンピック・パラリンピックの開催は、日本の経済や産業界に景気の波を起こすので、歓迎しています。しかし、日本で唯一の大規模展示会場「東京ビッグサイト」が使用できなくなります。これに関する一連の報道に注目しました。日本展示会協会の理事として、私自身も奔走しましたが、状況の改善に向けて努力する関係者の方々に感謝しています。日本の展示会産業の火は絶対に消すことはできません。

―2017年を漢字一文字で表すと?

 「進」です。当社は展示会の質の向上を目指し、世界市場の開拓に向けて挑戦します。

東京インターナショナル・ギフト・ショー
毎年、春と秋に開催される「東京インターナショナル・ギフト・ショー」は、贈答品にとどまらず、インテリア、家庭用雑貨、ファッション、スポーツ用品などの見本市として、各界のバイヤーが来場する場となっている。2月に開催される次回は、「LIFE×DESIGN」と題した、住まいに関連する商品が一層拡充される。


おすすめの記事
【2017年に期す】 ビッグサイト会場問題 今年中に解決策を見つける
【2017年に期す】 宿泊産業の拡大を注視する

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎

国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る