猛暑にうれしい冷却パック【ノベルティの選び方】船井総合研究所

 
  • 2018/9/25
▲猛暑にぴったりのノベルティとなった

 エネルギー・IoT関連企業のコンサルティングを担当する船井総合研究所(大阪市)・第三経営支援本部の藤原亜子さんが「プラントメンテナンスショー」でノベルティに選んだのは冷却パックだ。瞬間的に冷たくなる、使い捨てカイロの対極をなす製品で、暑い季節の来場者にはありがたい一品である。昨年配った際にも好評だったことと、仕入れ単価が一つ80円というコストパフォーマンスの良さが決め手となった。猛暑日が続いた今年、冷却パックを求める来場者は多かった。

 昨年は1500個を用意したが、会期の途中でなくなりその後追加。名刺情報は2400件集まった今年もひとまず昨年と同数を用意してコンパニオン2人と藤原さんらで配り、ブース来場へとつなげた。


おすすめの記事
IT関係者は辛い物が好き? 七味唐辛子で集客【イケテルノベルティ】AITAC 

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る