【社長の本棚】読み返すたびに新しい発見が

Seabird(東京都世田谷区)野地教弥社長(47)

読み返すたびに新しい発見が
司馬遼太郎『竜馬がゆく

著者:司馬遼太郎
文藝春秋 1963年
幕末維新史上の奇跡といわれる坂本龍馬。浪人の身でありながら、大動乱期に卓抜した仕事をなしえ、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長編小説。

高校生の時、漫画「お~い!竜馬」の連載を読んで坂本龍馬に興味を持ち、もっと深く知りたいと思い、司馬遼太郎のこの本を手に取った。あれから30年がたったが、かれこれ50回以上読み返している。この本をきっかけに著者のファンとなり、ほとんどの作品を読んでしまった。

何回読んでも新しい発見があることが一番の魅力だ。年を重ね自分なりに積み重ねてきた経験が、受け取り方に変化を与えているようだ。その年齢なりの示唆を得られる本だ。

社会に出てからは出張が多く、龍馬の生家跡や記念館を訪ねて高知に行き、京都の護国神社や寺田屋、長﨑の亀山社中跡も訪ねた。脱藩の時に歩いたといわれる険しく狭い道も歩いたことがある。今でいう聖地巡礼の走りだ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る