Interop Tokyo2018

開催概要
会期:2018年6月13日(水)~15日(金)
主催:Interop Tokyo 実行委員会
会場:幕張メッセ 国際展示場・国際会議場
出展者数:500社超

デジタルサイネージ成長著しい

今年はデジタルサイネージ分野の成長が著しく目立った。屋外広告市場ではアナログからデジタルへの動きがここ数年、都心を中心に増加傾向にある。背景にはデジタルサイネージのコストの低下と利便性向上がある。特にオリンピックに向け、空港や駅などの交通機関や観光施設での設置が進んでいる。

出展する数十社がネットワーク機器を持ち寄り展示会の場でつなぐShowNetブースはInteropの特徴の一つ。今年は70億円相当の機材が持ち込まれ、会期中に先端技術を用いてネットワークが組み上げられた。ネットワーク機器の相互運用性を試すInteropの原点でもあり、毎年恒例で行われる。プロジェクトには半年以上が費やされ、総勢約400名のエンジニアが携わった。

1980年代、ネットワーク機器の相互運用性を検証する会議として始まり、日本では1994年に「Interop」という展示会として開催された。Interopは英語で「相互運用性」を表す。インターネットが社会的な通信基盤として成長するとともに2006年には「ConnectedMedia」(06年~)、「アプリジャパン」(14年~)などが加わる

Interop Tokyo2018どうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

 

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る