今回はインバウンド対応の自動外貨両替機と観光情報配信の開発サービス、中国人向けスマホ決済対応サービスを取り上げる

SMART EXCHANGE

急増するインバウンドに対応する自動外貨両替機

―DATA―
【会社名】アクトプロ
【住所】東京都千代田区
【販売ターゲット】交通機関、小売店、宿泊施設、観光協会、インバウンド向け店舗など
【価格】設置無料

訪日外国人観光客向けに自動外貨両替機を全国300カ所以上に設置。月間両替額に応じて歩率で賃料を支払う。
初期導入費用や管理費用は必要なく、24時間のサポート体制で運営。現金回収や入れ替え作業も、補充やメンテナンス、販促活動まで全て本部が行う。
操作部は日・英・中・韓の4カ国言語に対応。


ぷらり

観光情報配信を短期間で開発

―DATA―
【会社名】リサーチアンドソリューション
【住所】福岡市博多区
【販売ターゲット】自治体、観光協会、商業施設、商店街、アミューズメント施設、イベント会場・展示場、等
【価格】応相談

観光や商業施設等でのイベントPRや集客のために情報配信するスマートフォンアプリを、短期間で開発できるプラットフォームサービス。
アプリ内のコンテンツ編集、クーポンの配信やスタンプラリーなどのコンテンツ管理機能があり、利用者属性ごとの行動を可視化するためのデータ分析機能も標準装備。


招待pay

中国人向けスマホ決済対応サービス

―DATA―
【会社名】ユニヴァペイキャスト
【住所】東京都港区
【販売ターゲット】飲食店、小売店、サービス業
【価格】導入無料(決済手数料あり)

中国の元口座に連動するスマホ決済サービス、AlipayWeChat PayのQRコード決済を自動判別して決済する。
店頭にスマートフォンか、タブレットを設置すれば使用でき、API公開で既存のPOSレジにも組み込むことができる。現在、国内で3000店以上に導入されている。

 


おすすめトレンド商品はこちら!


Gotou
国際イベントニュース 編集部 後藤 豊

2017年全国賃貸住宅新聞社入社。「国際イベントニュース」企画開発部所属。インバウンド集客に必要な商材、海外に進出する企業向けサービスを中心に情報収集。趣味は読書。自宅に溜め込んだ蔵書は4500冊を越え、かねてから妻との懸案材料となっている。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

  1. ▲ラスベガスに本社を置くMGMリゾーツの日本法人CEOのエド・バワーズ氏は、「日本人の考え方と合わないIRが政府に承認されることはない」と考える

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る