碧井エリ「司会は月の半分で許してね」【Person】

司会は月の半分で許してね。

毎月展示会に行けば、彼女と会うことができる。
多い月は10日以上を展示ブースで司会を務める碧井エリさんは、トークショー、記者発表の進行役、セミナーの司会、企業PVのナレーション、ケーブルテレビでレポーターと、話す仕事のスペシャリストだ。

高校時代から芸能プロダクションに所属し、明るさを武器に仕事の幅を広げてきた。司会といえど、求められる仕事は毎回異なる。一字一句たがわず台本通りに話すことを要求される日もあれば、「自分の言葉で伝えてほしい」と頼まれることもある。

どちらにしても、仕事の質を決めるのは事前準備だ。台本を読み込み、映像を覚え、話す時間を秒単位で把握し本番に備える。ヤプリのナレーターは今回が7回目。その他、展示会で定期的に司会を務める企業が4社ある。しかし、司会の仕事を月20日以上入れることはない。なぜなら、司会は彼女が持つ顔の一つでしかないからだ。

「エリエール35号」。

そこがもう一つの彼女のステージだ。1年半前に組んだバンドでボーカルを務める。歌うだけではない。CD販売、音源の配信、楽曲の作詞・作曲、それらすべてを彼女はこなす.

11月は司会の仕事が多い月だ。JapanITWeekに続き、翌週も幕張メッセで開催される「InterBEE2017」で、仕事が控えている。

関連記事

コメントは利用できません。

全国賃貸住宅新聞社

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る