「戦艦大和」をVRで体験 ~今月の風景~

(公財)東京都中小企業振興公社(東京都千代田区)が10月27~28日に開催する「東京くらしのフェスティバル2017」で、戦艦大和の船内を仮想現実(VR)上で体験する企画が実施される。開発はVRコンテンツ制作の神田技研(同)となっている。同作品は2014年12月から約2年かけて作られたもの。艦長室や兵員区画、艦載艇格納庫など1941年当時の戦艦大和が再現されているといい、昨年からは一般販売もおこなっていた。同作品の公開は27日のみとなる。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ブックオフFCパリに2店舗
ページ上部へ戻る