作品展で痴漢行為多発

芸術家「なかのひとよ」氏が5月6日~6月17日に東京都内で開催した作品展「ブラックボックス展」で、複数の参加者から「痴漢行為を受けた」との訴えがあった。主催した同氏は、「予期せぬ来場者による迷惑行為があった」とHP上で謝罪し、事実究明を急ぐとしている。

なかのひとよ氏はツイッターなどで活動するアーティスト。ツイッターアカウントには20万人のフォロワーがおり、会期中は入場まで数時間かかるほどの行列ができ、人気を博していた。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 満員の会場
ページ上部へ戻る