飲料のOEM提案 台湾ペットボトル原材料メーカー @ドリンクジャパン

 
  • 2018/7/30

宏全國際股份有限公司(台湾)
@ドリンクジャパン

▲日本語を話すKen Wengさん(左)だが、商談で相手を説得するのには苦労していた

 台湾のペットボトル原材料メーカーが、日本の展示会に初出展した。東南アジア各国に拠点を持ち社員数は4000人、同業ではアジア最大手だ。

 日本の大手飲料メーカーとの取引もあり、ペットボトル用キャップ1億個、ペットボトル用原材料3億本分を日本に向けて供給する。

 今回は、海外工場で飲料の装填(そうてん)までOEMで引き受ける事業を提案するために出展した。だが、知名度の低さからか反応はいまいち得られなかった。


おすすめの記事
湖北永観新素材有限公司(中国) 日本初出展、満足度80%【日本で何狙う?】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る