香港 日本の輸出農産品の3割を再輸出

 
  • 2016/12/20
香港経済貿易代表部投資推進室の佐々木由紀雄室長

 香港は日本からの農林水産物輸出高が11年連続でトップだ。香港に輸出された食品のうち、約3割は周辺地域に再輸出され、『貿易の街』としての姿を示している。税金が安く、法律が整備され外国人にとって会社を設立しやすい香港には、多くの商売人が集まる。

 「中国で物を売ろうと思ったら、直接本土に行くよりも香港人を介した方がうまくいくといわれている」と話すのは、香港政府の一部局として世界中に拠点を持つ、香港経済貿易代表部投資推進室(インベスト香港)の佐々木由紀雄室長だ。再輸出先の6割を中国が占めていることが、その実態を表している。

 人件費の高騰で、中国本土から東南アジアへ生産拠点を移す動きは日本の企業の中でも顕著だ。その影響で、香港拠点を閉鎖する企業も増えつつある。

 だが、それは安価な労働力供給地としての中国が魅力を失っただけの話だ。消費市場として中国の魅力はむしろこれから本領を発揮する。ボストンコンサルティンググループの発表によると中国には保有資産額が100万ドルを超える富裕層が1億2000万人以上いるという。その市場の玄関口として香港の役割はまだしばらく続くだろう。


おすすめの記事
香港 日本食ビジネス好調

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る