お菓子の箱が広告! 【ノベルティの選び方】ディー・オー・エス

 
  • 2018/7/3

ディー・オー・エス(大阪市)
@ Japan IT Week 春

▲ディー・オー・エス(大阪市)篠原敬さん(写真左)

 ソフトウェア制作のディー・オー・エス(大阪市)は「Japan IT Week 春」で、パッケージ表面に自社の広告を記したグリコの『かるじゃが』を配布した。

 展示会やイベントに年間10件以上出展しているが、付箋やサインペンといった定番のノベルティでは来場者を獲得する確率が低下していることに気が付いた。3年前から「かるじゃが」に変更したが、篠原敬さんの感覚ではブースに立ち寄る来場者が2~3割増えたという。

「もともと知名度のあるお菓子なので、受け取ってもらいやすい」(篠原さん)

 最小ロットは1万個からだが、同社では1年間分として2万個を発注した。

 パッケージの表面を使った広告部分は自社でデザインした。シールを貼るのではなく広告そのものをパッケージに印刷し、手に取った時に来場者の驚きが大きくなるように心がけた。


おすすめの記事
ぬいぐるみ型クリーナー 5年使って今も好評【イケテルノベルティ】

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る