『No Maps』イベントで街づくり~トップクリエイターの交流促す~

 

札幌で新たな産業を創出することをめざし、2017年10月に初開催した「No Maps」は5つの要素で構成される。「セミナー&ワークショップ」「展示会」、映画や音楽などの「イベント」参加者の交流を図る「ミートアップ」、実証実験を誘致する「エクスペリメント」だ。

『No Maps』トップクリエイターの交流促す

130のプログラムを実施

No Mapsは、2016年のプレ開催をもとに内容を再構成し、昨年10月5~15日の11日間、第1回を札幌の中心部で開催しました。130程度のプログラムの中から代表的なものを紹介します。

1つ目はカンファレンスです。札幌市は、ユネスコの創造都市ネットワークに、メディアアーツという分野で加盟し、都市空間をメディア化することを主題としています。例えば、毎年2月に行われる雪まつりは、会場そのものがメディアだということです。ほかの地域でも同様の事例があるので、各地の最先端の取り組みを紹介しました。

また、ゲームの背景などを制作するCGWORLDが、地元の高校生や専門学校生に対してゲーム業界を紹介するPRイベントを札幌駅前通地下広場(通称:チ・カ・ホ)で行いました。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る