【Japan IT Week春】業種問わずIT従業者集まる

  • 2018/6/16

▲昨年に続き、働き方改革を打ち出したe―Janネットワークス

【Japan IT Week春】業種問わずIT従業者集まる

リードエグジビションジャパン(東京都新宿区)が年3回開催するITの総合展。「公的機関、民間問わず、幅広い産業から来場者が訪れるITの展示会」(デジタルアーツ・担当者)と話す出展者が多かった。業種が限定された展示会ではないため、これまで取引のない新たな顧客や市場を探す出展者が目立つ。

e―Janネットワークス(東京都千代田区)は、働き方改革に役立つシステムとして、テレワークサービスを打ち出した。外部スタッフや、社員が外部の端末から会社のデータベースにアクセスする場合、ログやデータを端末に残さないアプリを提供している。

サービスは2003年からあるものだが、昨年、働き方改革を支援するサービスとして売り出したところ、この1年で導入先が一気に増えた。


おすすめ記事

ライセンス市場でも インバウンド消費~コンテンツ東京~

総務・人事・経理ワールド グーグルも採用事業参入


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る