セルフレジシステム本格導入へ @ リテールテックJAPAN(「日経メッセ」内)

 
  • 2018/4/26
▲同時開催展含み11万9928人が来場した

セルフレジシステム、本格導入へ 顔認証で入店管理・自動決済

 日本経済新聞社(東京都千代田区)は3月6~9日、東京ビッグサイトで「リテールテックJAPAN」を開催した。同展は流通事業者に向けたサービスが集結する展示会で、今回は同時開催展を含み211社1004小間が出展。4日間で11万9928人が来場した。

 小売店向けの決済システム、人手不足の解消に向けたソリューションが多数展示される中、特に注目を集めたのはセルフレジシステムだ。

 2014年創業のテクムズ(名古屋市)は、世界最速レベルの画像認識 AI 『DEEPS』を活用した無人コンビニシステムを展示した。店舗の入り口のスマートフォンに顔写真と氏名を登録すると、店舗を訪れる際に顔認証でゲートが開く仕組みとなっている。店舗の出口にも同じくタブレット端末が設置されており、顧客が自分の顔と選んだ商品をかざすと自動で決済される。現在はハウステンボスやホテルの売店で実用化されており、今年7月にはコンビニでも試験導入される予定だ。


おすすめの記事
セルフレジシステムに人だかり @ リテールテックJAPAN(「日経メッセ」内)

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る