記者の目(18)

  • 2018/1/25

そこにあったはずの建物が消え、敷地を隠すように囲いが建つと、ニョキニョキと背の高いビルが建つ。編集部のある銀座周辺はホテルの竣工が止まらない。儲かる見込みがあるからから建つのだろうが、客が集まるのかと素人には不安になる。きっと儲からなくなったら作り直すのだ。今ではもとの建物を思い出せないが、思いきり古ければ覚えている。新しくなく古くもない、中途半端なものは交換される。うるさいくらい自己主張しなければ生き残れない現場から、今年もニュースを届けます。

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る