150社との商談会を実施 @新価値創造展

 
  • 2017/11/25
展示会名:第13回 新価値創造展 2017
会期:2017年11月15日(水)~17日(金)
会場:東京ビッグサイト 東7・8
主催:独立行政法人 中小企業基盤整備機構
出展者数:619社
同時開催展:産業交流展、Japan Home & Building Show

▲昨年の開会式の様子

海外企業40社も参加

 中小企業基盤整備機構(中小機構・東京都港区)は、11月15~17日に東京ビッグサイトで開催する「新価値創造展」の中で、大手企業など150社との商談会を実施することを明らかにした。

 商談会は「大手企業・商社ジェグテック商談会」と称して、AIやIoT、ロボット、医療機器・ヘルスケア、自動車など10分野に関わる大手・中堅企業とマッチングを図るもの。海外からもベトナム、タイ、台湾など40社が参加する予定となっているという。

 「新価値創造展」は全国の中小企業と技術開発者やバイヤー、金融機関をマッチングさせる展示会として年に1度開催しているもの。ARやVR、IoT製品のデモをおこなうなど619社が出展する予定だという。

 中小機構の松原さんは「ものづくりに関わるロボットや人工知能、IoT製品などテクノロジー関連企業が多数出展する予定。まだ世に広まっていない技術を展示する中小企業も多いのが見どころとなっている」とコメントしている。


おすすめの記事
「新価値創造展」のウェブ展示会 出品数1200件を突破
「新価値創造展」では異業種との出会いが満載 岡山県からはるばる出展【展示会会場立ち話】

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る