「ビジネスEXPO」開催 北海道最大級の展示会

 
  • 2017/11/10
展示会名:第31回 ビジネスEXPO(北海道技術・ビジネス交流会)
会期:2017年11月9日(木)・10日(金)
会場:アクセスサッポロ
主催:北海道 技術・ビジネス交流会 実行委員会
運営:(公財)北海道科学技術総合振興センター(ノースティック財団)
出展者数:345社

アクセス札幌
▲会場となるアクセスサッポロ(札幌市)。他にもさまざまな展示会が開催される

345社が出展、著名人の講演も

 北海道、札幌市、地元経済界など11企業・団体は11月9~10日、アクセスサッポロ(札幌市)で道内最大級の展示会「ビジネスEXPO」を開催する。入場は無料。

 同イベントは道内のものづくり産業、IT、環境ビジネスや学術機関など345社・団体が出展するビジネス展示会だ。年に1度開催されており、昨年開催時には354社が出展、2万417人が来場していた。

 基調講演として人工知能研究の第一人者として知られる(公立)はこだて未来大学の松原仁副理事長や、元プロ野球選手の桑田真澄氏、キリンビールの元副社長である田村潤氏などが登壇する。また、女性の社会進出をPRする企画として、道内の製造業9社で女性社員が自社製品や技術を紹介する「ものづくりなでしこ」ゾーンを設置。出展社によるPRセミナーも多数実施される。

学生2000人も就活で参加

 また、道内の多数の企業が出展することから、学生の就職支援にもつなげる。道内の大学や高専、工業高校から専用バスで学生2000人を招待。企業について知る機会を提供し、採用に役立てる。

 展示会の運営を行う(公財)北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団・北海道札幌市)の飯田猛事務局長は「道内でこれだけ大きな規模で開催される展示会は他にない。最近では大樹町のベンチャー企業『インターステラテクノロジズ』が小型観測ロケットの打ち上げをおこなうなど、道内の産業に全国から関心が集まっている。大手から中小まで多くの企業が参加するので、ぜひたくさんの人に来場してほしい」と語った。


おすすめの記事
農業もスマート化 @スマート農業フェア in 十勝

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る