首都圏9都市 11月に合同商談会

  • 2017/6/26

東京都、埼玉県、千葉市、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の9都県市は、11月17日に東京ビッグサイトで合同商談会を開催する。

首都圏産業の国際競争力の強化を目的に開催されているもので、首都圏エリアの企業を対象に参加申し込みを受け付けている。参加費は無料。募集企業数は80社で、(公財)東京都中小企業振興公社(東京都千代田区)のHPなどで受け付ける。締め切りは7月31日まで。

当日は、同会場で東京都などが主催する「産業交流展2017」も開催される。同展は首都圏の中小企業が製品や技術を展示するもので、販路拡大や企業間連携を図るビジネスマンが多数集まる。昨年開催時には会期中に延べ5万67人が参加し、1073社・団体が出展した。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

新着記事

  1. 2021-6-23

    人口の7割がワクチン1回完了、7月末までに2回目へ @カナダ・トロント【6月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-6-23

    DXや業務効率化を促進する商材が並ぶ、出展者数は過去最大 @建設・測量生産性向上展

  3. 2021-6-22

    医療崩壊予防のため、完全ロックダウンを延長 @マレーシア・クアラルンプール【6月19日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-6-22

    昆虫食をはじめ健康や環境に配慮した商材が人気 @ifia JAPAN

  5. 2021-6-21

    セミナー配信と商談予約に特化し、マッチングを支援 @B2B Bridge【オンライン展示会】

  6. 2021-6-20

    ロックダウンの最終的な緩和は、4週間後に延期へ @イギリス・ロンドン【6月16日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る