世界最大規模の楽器の見本市 @NAMM Show

 
  • 2017/2/17
▲アナハイムコンベンションセンター

NAMMショーに10万人

 世界最大規模の楽器や音楽機材の展示会「NAMM Show(ナムショー)」が、1月19~22日、米国アナハイムのアナハイムコンベンションセンターで開かれた。出展1779社、来場者10万6928人はともに過去最高の数字だ。ショーに来場者として参加した日本人に話を聞いた。

 ナムショーは、毎年1月にアナハイムコンベンションセンターの7万5500㎡の展示会場を借り切って行われる。会場には楽器をはじめ、録音用機材、照明機材、楽器製作用の工作機械まで並ぶ。

 主催のNAMMは、「National Association of Music Merchant」の略で、米国の音楽関連業者が集う団体だ。ショーに参加できるのは基本的にはNAMMの会員に限定されているが、年会費を支払えば米国以外の音楽関係者も入会できる。

▲世界各国の大小の楽器メーカーが新商品を発表する場になっている

 日本でドラムの卸販売している佐藤志岐子さんも、新しい商品の仕入れのために5年前から毎年参加する。世界各国からメーカーが集まるのが魅力だ。例えば、シンバルであればトルコのメーカーが強い。日本に正規の輸入代理店を持たない楽器メーカーを中心に、そこでしか手に入らない商品を仕入れることができるのだ。

 年々、中国系メーカーが目立つようになった。派手にブースを装飾しているが、人がまばらなことが多い。まだ、中国製の楽器はそれほど人気がないと感じた。

 来場者は増えている。だが、一部の出展者は「冷やかしの客ばかり増える」と愚痴をこぼしていた。どういう経緯で入場したのかわからないが、明らかにバイヤー関係者ではない親子連れや、ファン以外の何者とも思えない若者グループを多く見かけた。

 佐藤さんが古くから知るドラム工房2社が今年出展しなかったのも、そんな理由からだ。だが、そのうち1社は会場近くの音楽スタジオを借り切って、独自の商談スペースを設けた。ショーに毎年訪れる自分たちの顧客には事前に招待状を送り、単独の商談会を開催した。

 そんな企業は珍しくない。展示会場周辺の至る所で、ショー開催期間に合わせた楽器メーカーの展示会が開かれる。ショーでは、たくさんのプロミュージシャンがミニライブを行う。今年はスティービーワンダーや、人気バンド・ボンジョヴィの元ギタリストのリッチー・サンボラがステージに立った。

 そんな贅沢な空間だからこそ、世界中から音楽関係者が集まる。この時期、アナハイムのホテルはショーの関係者で埋め尽くされ、いくつかのホテルでは連夜ライブや音楽イベントが行われる。アナハイムの街全体が音楽一色に染まるのも、ナムショーのもう1つの魅力だ。

 佐藤さんが驚いたのは、旧知のドラム工房の職人が「トランプに期待している」と話したことだ。外国製の安い楽器に関税がかかれば、価格ではなく品質の勝負に立ち戻れるからだ。「景気がいいアメリカは、ここじゃない」という職人の言葉に、トランプの人気が本物であることを思い知らされた。



国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る