ぽっかり忘れてはいないか【365文字の編集長コラム】

 
  • 2019/8/10

 東京の風景の更新が止まらない。東京駅のまわりを数カ月ぶりに歩いたら、丸の内口一帯に広々とした遊歩道ができていた。7月後半に入り、銀座駅の構内が工事用の白い防音壁で覆われた。数カ月後には、新しい装いで我々を驚かすのだろう。そこで生活する人間をしてこうなのだから、久しぶりに訪れる人が「まったく別の街に来たようだ」と話すのもよくわかる▲西新宿の地下道を知人と歩いていた時に、かつてダンボールを敷きそこで生活していた人たちをしばらく見ていないという話になった。そういえば、隅田川の河川敷でもブルーシートハウスの数が少なくなった▲SNSのおかげで、これまで表に出ることがなかった人の声が社会に届くようになったと思っていた。だが、表面をおおうスピードも同じくらい早いのだ。風景にうっとりしながら、ぽっかり大事なことを忘れていないか不安になった。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る