養殖の市場拡大 求められる漁獲量減少の対策 @ ジャパン・インターナショナル・シーフードショー

  • 2019/10/27
第21回 ジャパン・インターナショナル・シーフードショー 2019
会期:2019年8月21日(水)~23日(金)
会場:東京ビッグサイト 南展示棟
主催:(一社)大日本水産会
出展者数:840社
出展者層:水産業、水産卸会社、貿易会社、水産加工機械
来場者層:水産を扱う小売り、卸、商社、水産業

日本食ブームで外国人バイヤーの姿も

 水産品や水産加工機械が展示された「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」には、温暖化や乱獲による漁獲量減少の対策を求める水産業界関係者が集まった。天然物の減少を補うように市場を拡大する養殖関連の展示も多かった。また、日本食が海外市場を広げるのに合わせて、外国人バイヤーの姿も目立った。主催者の呼びかけにより、アラブ首長国連邦、イスラエル、中国など世界47カ国から来場者が集まった。

 ポンプメーカーの三相電機(兵庫県姫路市)には、養殖場の環境改善に関する相談が多かった。天然物の減少で魚類市場の7割近くが養殖に置き換わっており、成長を早めて収益性を高める技術への関心が一層高まっている。会場で展示したマイクロバブル技術で水中に酸素を送り込む機械は、ウナギの養殖会社をはじめ多くの来場者の関心を集めた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る