変わりゆく教育現場求められる対応力[口コミ]@ 学校・教育総合展 EDIX 前編

  • 2019/10/20
展示会名:学校・教育総合展(EDIX)
会期:2019年6月19日(水)~21日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:436社

 教育現場の課題解決につながる製品や解決策を集めた「第10回学校・教育総合展(EDIX)」。2020年に改定される学習指導要領や、大学入試改革に対応する製品やサービス、学校事務の抱える負担に対応できるプラットフォーム、電子黒板や校内LANといった情報機器などが注目を集めた来 。年度から、初等教育過程に組み込まれる、理論的に考える力を身につけるためのプログラミング教育に関するブースも目立ち、まだ理解が進んでいない教師向けのスタートセットが関心を集めた。


弁当手配するシステムに手応え

日商エレクトロニクス(東京都千代田区)

 ICTソリューション事業。ランチ宅配サービスのプラットフォームをPRした。利365用者(学生・保護者)と提携弁当会社を結びつける。インターネットで商品を注文すると、近くの店舗にその情報が届き、出来上がった商品は学校などへ配達される。

 以前は企業を対象としていたが、教育現場からの問い合わせがあり市場性を感じた。私立中高や、学習塾からの相談が目立った。初出展で、来場者は300人強。


専門学校の経営支援

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る