NAMM SHOW 2019冬|中国に勢いなく一般の増加嘆く声も【海外展示会レポート】

NAMM Show Californiaをレポート

楽器の世界的な展示会「NAMM Show」では、昨年と変わらず、中国楽器メーカーの出展ブースが多く並んだ。開催前、米中の経済対立から出展企業の減少を懸念する声もあったが、大きな変化はなかった。

NAMM Show California
会期:2019年1月24日(木)~27日(日)
会場:Anaheim Convention Center
主催:NAMM(the National Association of Music Merchants)

中国企業の勢い落ちるも大手は復活


▲中国企業の出展ブースが並ぶ一角。来場者が少ないのは例年通りだが、出展企業のスタッフに勢いがなかった
中国企業のブースが集まる一角では、ブースに足を止める人は少なかった。だが、これも今年に限った話ではない。ただ、今年はブースで待機する中国人スタッフに勢いがなかった。毎年参加する楽器輸入業の佐藤博之さんは「例年、中国の出展企業は派手にノベルティーを配りブース集客に積極的な企業が多いが、今年は座ったままで、申し込んだからとりあえず来た、という雰囲気がまん延していた」と話した。来場者でも、昨年は集団で動く中国人が目立ったが、今年はあまり見かけなかった。「中国人の来場者は減ったように感じた」(佐藤さん)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る