EV関連の需要高まる[口コミ] @人とくるまのテクノロジー展 前編

 
  • 2019/8/10
展示会名:人とくるまのテクノロジー展
会期:2019年5月22日(水)~24日(金)
会場:パシフィコ横浜
主催:(公社)自動車技術会
出展者数:624社

 自動車技術の総合展「人とくるまのテクノロジー展」には、自動車部品を中心にさまざまな商材が集まった。全国各地から624社が出展、自動車や部品、車体メーカーをはじめ、サプライヤー、開発や品質管理の担当者、自動車好きの一般来場者などがブースを訪れた。EV化の流れは技術関連の企業にも影響しており、自社の製品をEV対応させる、自社の技術を生かし新たな需要に備えるといった企業が目立った。しかし、ガソリン車やディーゼル車にもまだ一定の需要があることも確認された。


来場者の意見が二分化

協和合金(横浜市)

 変速機部品メーカーで、EV用の変速機をPRした。今は実験車両で使用される段階だが、ガソリン車と同様に多段の製品が必要になると考え生産している。自動車メーカーやミッションを造っているメーカー、EVバイクレーサーなどが来場した。

「モーターの高回転化で対応するので変速は不要」という意見もあれば、商社やトラック系から「3段や4段が欲しい」という意見もあり、来場者は二分化している。ブース来場者は2日目までで90人程度。


EV関連の出展増えた

小山ガレージ(横浜市)

 自動車研究に用いる部品を扱う。10回以上出展しているが、最近はEV関連が増えてきた。ガソリンやディーゼルでは環境対応への要望が多く、そのための試験装置などを求められる。ブース来場者数は前年に比べると少々増えた印象だ。


技術系が多く来場

IHSマークイットジャパン(東京都中央区)

 自動車に関する情報、市場の予測データなどを提供している。来場したのは自動車メーカー、部品サプライヤー、商社など。部署としては技術系が多く、企画系の人もいた。事業計画を立てたい人や、新しいビジネスに参入を考える人による情報収集が多い。サプライヤーからは、部品が将来どうなるのか、技術はどうなるのか、中国ではEVがどの程度増えるかなどの質問があった。ブース来場者数は、ここ4、5年は毎回200~300人程度。


主要メーカー一通り会えた

トーホーエンジニアリング(名古屋市)

 走行実験用の冷却ファンを製造している。来場者は走行試験に関わる装置メーカーが多い。ドイツ製なので製品を見たことがない人もいるが、走行実験に関係する人が足を止める。

 走行実験において最近EVは排ガスより音が中心となっている。音や振動の検査が増えており、音のより小さいものが求められるようになった。

 名刺交換枚数は3日間でだいたい30社くらい。主要メーカーは一通り来て、商談見込みもあり、具体的な引き合いも出た。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


出展者の口コミ、続きはコチラ

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る