EV関連の需要高まる[口コミ] @人とくるまのテクノロジー展 前編

  • 2019/8/10
展示会名:人とくるまのテクノロジー展
会期:2019年5月22日(水)~24日(金)
会場:パシフィコ横浜
主催:(公社)自動車技術会
出展者数:624社

 自動車技術の総合展「人とくるまのテクノロジー展」には、自動車部品を中心にさまざまな商材が集まった。全国各地から624社が出展、自動車や部品、車体メーカーをはじめ、サプライヤー、開発や品質管理の担当者、自動車好きの一般来場者などがブースを訪れた。EV化の流れは技術関連の企業にも影響しており、自社の製品をEV対応させる、自社の技術を生かし新たな需要に備えるといった企業が目立った。しかし、ガソリン車やディーゼル車にもまだ一定の需要があることも確認された。


来場者の意見が二分化

協和合金(横浜市)

 変速機部品メーカーで、EV用の変速機をPRした。今は実験車両で使用される段階だが、ガソリン車と同様に多段の製品が必要になると考え生産している。自動車メーカーやミッションを造っているメーカー、EVバイクレーサーなどが来場した。

「モーターの高回転化で対応するので変速は不要」という意見もあれば、商社やトラック系から「3段や4段が欲しい」という意見もあり、来場者は二分化している。ブース来場者は2日目までで90人程度。


EV関連の出展増えた

小山ガレージ(横浜市)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る