▲住宅用の手すりを展示した浅野金属工業のブースには墓地や霊園の担当者が複数訪れ、高齢者対策について相談を受けた

墓地や霊園 住宅用の手すり探しに

住宅資材や設備の展示会「Japan Home&Building Show」では、これまで業界外にいると思われていた人が買い付けに訪れた。墓地や霊園は住宅で使われる手すりを求め、建て替え時期を迎えた寺院から実際に発注を受けた出展者もいた。アジアを中心に海外からの来場者も見られたが、海外販路を持たない出展者からは、商談に結びつけられないという声も聞こえた。これまで来場者の中心だった工務店やハウスメーカーの要望も、リノベーションや、デザイン性の高い希少な商品を探すなど、新築供給が中心の頃とは内容が変わった。

高級商材探す外国人の姿も

ステンレスメーカーの浅野金属工業(新潟県三条市)のブースには、墓地や霊園の担当者が複数訪れた。頻繁に高齢者が訪れる場所ながら、今のところバリアフリー対応をしておらず、対策について相談を受けた。通常は住宅や施設に設置することが多く、これまで実績はあまりなかったが、屋外でも使用できるワイヤー製手すりの提案を行っていくという。

中国、台湾、東南アジアなどの来場者も、前回に比べ大きく増えたようだ。住宅設備製造のバクマ工業(新潟県三条市)は東南アジアのハウスメーカーから「富裕層向けに日本の住宅設備を仕入れたい」という相談を受けた。「数年前まで、東南アジアの来場者は同業者が大半で、デザインや機能をまねた商品を作るため写真を撮っていたが、今回その姿はなかった」(佐野敦塁課長)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る