展示会場運営方式、契約期間に大きな差~群馬と愛知~

展示会場運営方式、契約期間に大きな差~群馬と愛知~

群馬の指定管理者制度 → 契約期間5年

愛知・コンセッション方式 → 契約期間15年7カ月

愛知と高崎で同時期に展示会場が開業するが、運営方式は異なる。群馬県は指定管理者制度、愛知県はコンセッション方式を採用する。どちらも民間に運営を委ねるものだが、契約期間などが大きく異なる。

群馬県の場合、契約期間は20年4月~25年3月までの5年間だ。募集要項では、指定管理者に5年分の指定管理料として6500万円を支払われることが明記されていた。4社連合は受け取りを辞退した。イベントを誘致した場合、イベント主催者から支払われる会場使用料は指定管理者の収入となる。設備の維持管理費用については、年間200万円未満のものが指定管理者の負担となり、200万円を超える大規模修繕に含まれるものは、県が負担する。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る