日露経済界から800人が集う

 
  • 2017/1/11

 日本とロシアの主要な経済人が集う「日露ビジネス対話」が、12月16日に行われ、両国から官民合わせて800人が参加した。8つの公開討論会では、極東開発に関わるテーマに長い時間が割かれ、両国の関心の高さが浮き彫りになった。

 討論会の壇上には、日露両国の大手企業経営陣や政府高官が並んだ。極東開発の討論会に立った日揮(神奈川県横浜市)の北川均常務は、ハバロフスクで16年4月に開所した温室野菜の栽培プラントについて紹介した。ロシア向け物流サービス大手の東洋トランス(東京都中央区)高橋勲社長は、改善が進むロシアの港湾施設や物流について話した。

 主催者のロシアNIS貿易会(ROTOBO・東京都中央区)の中馬瑞貴研究員は「日露経済交流は長い間エネルギー、自動車を中心に行われてきた。ここに来て、極東の開発を進めたいロシアの意向を受けて、食品、都市整備、医療などの分野で日本企業の活躍が見られる。討論会にもその実態が反映された」と話した。

 8つのテーマは2016年5月のソチ会談で日露の協力プランとして安倍晋三首相が提示したものだ。

 プーチン大統領の来日に合わせて、ロシアからは官民合わせ260人が訪れた。


おすすめ記事
ロシアに挑む中小企業 日用品に商機見いだす


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る