昨年よりも大きくなったスポーツの展示会[口コミ]@ スポルテック 前編

  • 2018/9/22
展示会名:SPORTEC(スポルテック)
会期:7月25日(水)~27日(金)
会場:東京ビッグサイト 西1~4
主催:SPORTEC実行委員会
併催:「第27回 ヘルス&フィットネスジャパン」「第3回 ウェルネスフードジャパン」
出展社数:約900社
来場者数:5万1005人

スポーツ関係者が来場

 スポーツに関わる企業の関係者が来場する。スポーツ用品・器具メーカー、施設、健保組合、介護施設、病院、小売り、量販店、学校、プロを含む団体・協会などだ。一般の来場者も多い。来場者の急増から、初日や最終日は入場に最長1時間半待ちになった。出展スペースでは、器具やウェア、施設・大会向けサービスなどの他、「リハビリ・介護予防サービス」「ホームヘルス&ダイエット」「リラクゼーション」といった健康関連産業の一角も設けられた。健康志向の高まりや東京オリンピックを控えスポーツ産業は盛り上がっているが、日本人のフィットネス参加率は3%にすぎない。アメリカの16%、韓国の8%に比べて低い。


体験ブースが好評

相模ゴム工業(神奈川県厚木市)

 姿勢を正すボディケア補助具で初出展。若い女性にも受け入れられるよう、黒を基調にブースをつくった。ピラティスをやる人からも好評。体験できるスペースを設けたところ、来場者に満足してもらえた。来年もぜひ出展したい。「健康博覧会」はエステ系や外国人も多い。ネット販売も目立った。「農業ワールド」にも出る。農家の方が中腰で腰を痛める人が多くて、農家の人の負担を軽減しようというのが目的。


かなり反響あった

リアン(福岡県福岡市)

 ピラティス・ヨガスタジオの運営。2回目。海外最新機械は日本に入っていないので、来場者からの関心が高く、かなり反響あった。FC展開しており「フランチャイズショー」にも出展。医療系の展示会にも出展していけたらと思う。


新製品のお披露目の場

フジモリ(富山県高岡市)

 フィットネス機器・自転車の製造販売。9回目。ここ以外の展示会は1~2小間だが、今回は大小間で出展。競合も含め、新製品のお披露目でもある。来場者が多いし、スポーツクラブの来場も目立つ。「ケアテックス」「国際福祉機器展」「ウェルネスライフEXPO」にも出た。


新規客が減った

ミューラージャパン(神奈川県横浜市)

 サポーターなどのスポーツケア製品メーカー。3回目。東館から西館に変わり、1階と2階にフロアが分かれ新規客が減った印象。見込んでいた効果が得られたか不安。これまで出た2回よりブースとしては集客減。他は医療系展示会、マラソン大会などに出る。

出展者口コミ、続きはこちら
おすすめ記事
フィットネスやリラクゼーションも集まるスポーツビジネスの展示会 @SPORTEC

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る