▲「ベトナム料理は辛くて酸っぱいものが多いが、日本食は種類が豊富でおいしい。特にすし、ラーメン、そばが好き。ベトナムで食べたことがなかったので新鮮」と話すグエン クアンミンさん(左・29)と日本支社のスタッフたち

受注拡大見込み日本支社も設立したHeliosys

ビッグデータを使ったサービスに強い、2016年設立のIT企業。日本の企業から開発の外部委託(オフショア開発)を受けるために出展した。サン電子(愛知県名古屋市)など日本の企業から受注実績もある。

ベトナム本社のほか、アメリカとドイツに営業所があり、今年の1月には神田駅前に日本の事務所を設立。グループ全体で60人のスタッフがおり、そのうち5人のスタッフがベトナムから来日して常勤しているという。日本に常駐するグエン クアン ミンさんも、ベトナムから日本に派遣された一人だ。オフショア開発を成功させるには言葉の壁を乗り越えねばならず、日本語にたけたグエンさんに白羽の矢が立った。

会場では日本企業の開発担当者数人と話すことができた。展示会が終わったら一社ずつ訪問する予定だ。


特集【日本で何狙う?】へ!

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る