東京五輪に向けて警備14社が連携 警備員1万4000人体制の構築へ

 
  • 2018/5/2

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて3日、警備会社14社がジョイントベンチャー(JV)を設立することを発表した。大会スポンサーであるセコム(東京都渋谷区)とALSOK(綜合警備保障・東京都港区)の2社が共同代表となり、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会警備共同企業体」として大会の警備に向けて共同で運営に当たる。

 大会開催の警備を巡っては、国際テロなどの脅威にも対応するため大量の警備員が必要となる。13年に東京都などが作成した大会開催計画文書によれば、大会開催に必要となる警備員の数は1万4000人に上ると試算されており、警備各社が単独で人材を確保することが難しいとされていた。今回のように業界大手2社が協力体制を結ぶのは初めての取り組みだといい、同業者と連携して人材確保や運営を行うことで運営に向けた課題解決を図るという。

 今回参画を発表したのは2社のほかに公安警備保障、高栄警備保障、シミズオクト、ジャパンパトロール警備保障、セシム、セノン、第一総合警備保障、全日警、セントラル警備保障、テイシン警備。今後も同業者との連携を進めていくといい、最終的には100社以上の連合にしていきたいという。


おすすめの記事
競技会場の利用期間、進展見えず

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る