住宅建設業者会議が東京で開催

世界各国の住宅建設業者やデベロッパー、住宅保証・保険会社が参加する国際会議「国際住宅建設・性能保証会議(IHHWC)」が11月5日~8日、ホテル椿山荘東京(東京都文京区)で開催された。住宅の供給や保証・保険システムに関する課題について話し合う会議で、3年に1度開催されているもので、17カ国から270人が参加した。
日本での開催は12年ぶりとなった。主催は、1993年に設立した国際住宅建設・性能保証連合。会議では損害保険ジャパン日本興亜の入谷浩之氏が住宅保証・保険の現状と課題について講演したほか、(一社)プレハブ建築協会の合田純一氏が各国のプレハブ住宅の需要についての発表などした。実行委員長の矢野龍氏は「世界各国から多数の人が集まるものなので、社会課題の解決につながる場としたい」と話した。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る