~展示場より注目商品~冷風で来場者狙い撃ち

▲暑い会場で、唐突に当たる冷風に、思わず誰もが立ち止まる

暑いほど伝わる

うだる暑さの展示会場で、来場者に向けて冷風を送るのは、イーズ(東京都港区)のヒートポンプ空調機「ぐっぴーバズーカ」だ。農業用ビニールハウスで使用する目的で開発された空調機は、52m先まで届く大風量が売りどころで、これまでに4000台以上を出荷した。2年前から工事現場や工場での設置を念頭に、リース会社や建設業界に向けた営業を始めている。

スポーツイベントや展示会での利用も増えている。農地での使用を前提に作られているため、水濡れなど機械にとって条件の悪い環境にも強く、屋外での使用が可能だ。室外機と合わせて設置場所を動かせることも利用機会を増やしている。

総務・人事・経理ワールド開催中のビッグサイトは館内空調が動いていたものの、来場者たちの額からは滝のように汗が流れ落ちていた。

特に、テレビ局の取材チームで機材を持ち運ぶスタッフたちにとって、「ぐっぴーバズーカ」の前は砂漠のオアシスだったようだ。「ついでに取材してもらいたかったんだけど」とイーズ中部(愛知県豊橋市)の佐藤涼太取締役は話したが、うまくいかなかったようだ。公示価格は135万円。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. アクセス札幌
ページ上部へ戻る