▲忍者スクールで殺陣を体験する参加者たち

三重県が誘致日本初開催

旅行口コミサイトのトリップアドバイザーが主催する国際会議「ディスティネーション・アカデミーwithトリップアカデミー」が5~7日、三重県で開催された。ビッグデータやSNSなどの技術を活用した観光客誘致について話し合う会議で、オーストラリアやインドネシアなど18カ国から51人が参加した。

会期中には、海女漁や神明神社、伊勢神宮、伊賀の忍者スクールなど県内の観光地の視察も行った。同会議は2014年にシンガポールで初めて開催され、16年にはカンボジアでも開かれていた。日本での開催は初となる。

三重県は地元の観光産業を活性化させるため、MICEの誘致に注力している。昨年5月には伊勢志摩サミットが開かれ、2016年には17件の国際会議が開催された。県の生川哲也氏は「県の観光資源の情報発信につながると思って誘致に取り組んでいた。今後もこうした国際的な会議や学会などを誘致することで、県の魅力を世界に発信していきたい」と話した。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る