大阪市新規展示会開催に補助金

会場費2分の1を助成

大阪市は1日、展示会誘致に向けた助成金制度を開始した。市内に新たな展示会を誘致することで、事業の拡大を図る中小企業にビジネス機会を提供することが狙いだ。

主催者を対象に展示会場の使用料の2分の1相当額を補助する。上限は最大1000万円。条件は、過去5年以内に大阪市内で開催されていない展示会であること、会期が3日以上であること、施設使用面積が開催準備・撤収期間を含めて3万㎥以上で、うち展示会場のために使用する面積が3分の2以上あること、初回開催から3回を大阪市内で開催することなどがある。

募集期間は2018年1月30日まで。今年7月31日から18年3月31日までに開かれる展示会を対象に補助する。会期初日の60日前までに申請が必要となる。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る