Twitter(ツイッター)やInstagram ( インスタグラム)といったSNSを使った広告の効果を測定するシステム「Tofu Analytics(トーフ アナリティクス)」を開発したのは、設立2年目のmiosil(東京都中央区)だ。SNSに投稿した記事が「どの期間に」「どれくらい」「どんな人たちに」閲覧されたのかを分析することができる。URLだけを入力すれば登録作業もなく、すぐに分析が可能だ。

料金は1アカウントにつき月1万円からで、初期費用や契約期間の縛りはない。上場企業から個人事業主まで幅広い顧客に利用されている。

また、SNSで自社や競合企業が提供する商品を取り上げ、よりたくさんの人に情報を拡散する「インフルエンサー」を特定し、さらに企業とインフルエンサーをつなぐサービスも提供する。

一般的なwebサイトを分析するシステムはGoogleやYahooが無料で提供するが、SNSに特化し、インフルエンサーの特定まで行えるものは少ない。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

全国賃貸住宅新聞社

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る